デメリットについて

エラボトックスは、切開や骨削りをすることなく、小顔効果を期待できるので、近年では多くの女性が手術を受けています。
顔に傷跡が残るリスクを最小限に抑えることができるだけでなく、ダウンタイムなども短くて済むといったメリットがあります。
しかし、メリットがあるものには、基本的にデメリットも存在します。エラボトックスが、簡易的に小顔を手に入れることができる手術と言っても、行なうか行わないは慎重に判断しなくてはなりません。
では、エラボトックスのデメリットとしては、どういったものがあるのでしょうか。
まず、ボトックスの効果は永遠ではないということを知っておく必要があるでしょう。
ボトックスは、大体長くても1年程度で効果が切れてしまい、エラも元に戻っています。人によっては、半年ほどで効果が切れることもあり個人差が見られます。
そのため、小顔効果をキープしたいとう場合は、定期的にエラボトックスを行なう必要があるのです。
定期的にエラボトックスをするとなると、当然のことながら、その分費用がかかってしまいます。
一回は、それほど負担のかかる費用でなくても、結果的に見ると非常に高額な費用がかかってしまうことも考えられるのです。

また、これまでもお話しましたが、エラが張る原因として「骨格」が挙げられるのであれば、このエラボトックスはあまり効果を発揮しません。

このほかには、しっかりと適切な箇所に注射しないと、不自然なフェイスラインになってしまうことがあります。
また、それに伴って、表情や人相なども大きく変わってしまうといったケースもあるようです。
最悪の場合だと、顔面麻痺といった後遺症が残るケースがあるということも、しっかりと念頭に置いておきましょう。
安全に信用性のある手術を受けたいのであれば、クリニック選びも非常に重要ということになります。

ページトップ