団体行動

ツアーに参加しようと思うならば、まず団体行動について考えるべきである。
団体行動とは他人のことを考える必要があるため、単独行動に比べて精神的に大変である。
しかし、予定が決まっているので現地での目的がない人や、どこに行けばいいか分からない人、行く場所を決めることが出来ない人にとってはおすすめである。
このような観点からいうと、ツアーというのは時間に余裕があり、目的を他人に任せたい人におすすめであると言える。

自由度

参加人数が多いため他のものに比べて団体行動が縛られて大変である。
今までは出発場所や出発時間など細かい事が決められていたが、現在は出発場所がいくつか選択でき、出発時間においてもいくつか選択可能である。
また、旅行会社においてプランの値段や日程が異なり都合のいい日程、価格で選択することが出来る。
ツアー内容によって当日の動きが制限されることには変わりないが、その自由度は昔よりもかなり高くなっているといえる。

特殊なツアー

最近では、地域活性化の為に企画された様々な体験型企画も一般に大変好まれている。
特に農漁業に関連した企画は普段体験した事の無い作業にチャレンジ出来るとあって好んで参加する人も多く、一定数の需要を持っている。
こういった特殊なツアーというものは年々増えているもので、ツアー企画における目玉のひとつであるということができる。
特殊なツアー以外でも、スキーツアーのような一般的なツアーもかわらず人気であり、観光産業の発展は目覚ましいものである。